Yamagami Yukiko
プロフィール チケット販売 ブログ メールニュース申込 メール リンク
CD試聴販売
山上有紀子トップページへ
image プロフィール
東京芸術大学付属高校及び同大学ピアノ科を卒業。
在学中主に声楽、合唱の伴奏者としてNHK-FM、東芝EMI、フォンテック、日本コロンビア等に録音多数。

卒業後、渡独。ドイツ国立ミュンヘン音大大学院
マイスタークラスを最優秀の成績で修了。ドイツ国家演奏家資格を取得。ドイツ各地で演奏。国営バイエル放送、ケルン放送に出演。
86年 帰国デビュー・リサイタルを開催。86年、88年に再渡欧しチューリッヒ、ミュンヘンでリサイタルを開催する他、スイス放送「若き演奏家の時間」に出演。バッハ、バルトーク作品と共に原博の作品を収録。 両録音ともに好評で数度に亘り再放送された。

92年 東京文化会館でリサイタルを開催。CD「海のある風景〜リスト・ソナタ〜」(アートユニオン)をリリース。 「感性のゆらめきに光る天性の才能」(評論家・宇野功芳)等好評を得る。

94年 東京文化会館でリサイタル開催。CD「原博作品シリーズ・ピアノ協奏曲とピアノ作品集」を収録。リサイタルは94年度ベストコンサートに選出され各紙で絶賛され、CD「原博・シリーズ」も「レコード芸術」誌上高い評価を得た。

96年 CD「原博・ピアノソナタ集」をリリース。

97年 東京文化会館大ホールでベートーヴェン・ピアノ協奏曲「皇帝」を演奏。パリにて公演。

98年 仏のフォンテーヌ・ブローの森音楽祭に招かれパリ高等音楽院教授ブルーノ・リグット氏、ブリギッテ・アンゲラ女史と共演。ボルサレロ弦楽三重奏団とパリコンセルバトワール、ドラヴェイユ・シャトーホー ル、山梨県立美術館ホール、鎌倉欧林洞サロン他日仏両国でコンサートツアーを開催。シューマン、モーツアルトのピアノカルテットを共演する他、原博のピアノカルテットを初演し絶賛される。

2000年 CD「願い〜ふたつのカンパネラ」
03年 「シャコンヌ〜旅立つ最愛の魂へ」
05年 「原博・60の抒情的小品集Vol.1」
06年 「原博・ピアノ四重奏曲とヴァイオリン&ピアノの為のソナタ」(全てアートユニオン) をリリース。このCDは2006年度文化庁芸術祭参加作品に選出され各音楽誌のCD評で絶賛された。

08年 伊藤志奈子作品集のプロデュースと収録を担当。
帰国以来この頃まで、でんぱつふれあいコンサート(電源開発事業団主催) 東穀コンサート(東京穀物商品取引所主催)など企業メセナ活動に関わり、コンサートを長年に渡り企画、出演。

11年には3年の準備期間を経て、Jazz&Pops&Classicを融合させたアルバム“Kollege“をリリース。Jazz界の巨匠 井上信平 進藤陽悟 鈴木広志と競演。Yucoとして自ら作曲&アレンジを手掛けた。11月に旧奏楽堂でアルバム発売コンサート開催。観客の8割のCD枚数と言う驚異の枚数を売り上げ、大好評を博した。

13年に右手靭帯を事故により損傷。
3年間の活動停止を経て、17年活動再開。
3月にベートーベン リスト等に愛された19世紀の名器 エラールによるリサイタルを開催。
6月 スペイン 巡礼の聖地 サンチャゴ デ コンポステラ 及びカンパドスでガリシア大学の招聘で演奏会開催。
Trio  Max Bruch をヴィオラ Jacques Borsarello クラリネット Hugo Cleditと結成。10月 コンサートを日本各地で開催。18年7月 パリでコンサート。

19年にこのトリオでフランスのサマーフェス参加と日本各地でのコンサートが決まっている。

©Yamagami Yukiko